タイトル

状況

TEXT

  • Articles

  • ??
  • ??

MOVIE

Play


会話文の右にページアイコンがある場合、マウスオーバーすると『発音と語彙』の説明をご覧頂けます。

アイルランド共和国では、第一公用語がアイルランド語(ゲール語の一つ)ですが、その母語話者は極めて少なく、第二公用語である英語が社会の共通語となっています。

アイルランド英語の発音は、北アメリカの英語に類似した特徴があります。アイルランド英語はアメリカ英語とカナダ英語と同様に、carやcartといった語で、母音のあとの/r/を発音するR音性的な(rhoticあるいはr-ful)英語です。それに対して、標準イギリス英語、オーストラリア英語、ニュージーランド英語は、上記の語で、母音のあとの/r/を発音しない非R音性的な(non-rhoticあるいはr-less)英語です。例えば、会話1のwork、finer、weather、会話22のdoor、here、forwardの語を聞くと、“r”が発音されているのがわかります。

アイルランド英語特有の発音としては、非円唇母音の/ʌ/(「ア」)が、円唇化して「ウ/オ」のような音で発音される点が挙げられます。"luck"は「ラック」ではなく、「ロック」(「ルック」)のように(会話2)、“otherが「オザー」(「ウザー」)のように聞こえます(会話8)。また、
thirtyの/θ/が[t]で発音され、「ターティー」のように聞こえ(会話29)、"those"の/ð/は閉鎖音[d]で発音されています(会話29)。

生活用語に関しては、イギリス英語と同じ語彙が多く使われます。例えば、「ポテトチップス」chips(会話27)、「ガソリン」petrol(会話29)などです。

アイルランド英語固有の語や表現もあります。例えば、craic(会話8)は"fun"の意味で使われ、「元気です」は“Fine.”の代わりに“Grand.”(会話1)がよく使われます。

出演者たちは、日本在住のアイルランド人です。男性二人はダブリン出身、女性はアイルランド中部ロングフォード出身です。

「1.挨拶する」から「20.人を紹介する」は、アイルランド特有の語彙や語法、場面設定を多く含む会話です。これに対して「21.感謝する」以下の会話は、基本的には他の英語会話モジュールと同じスクリプトで、部分的に語彙や表現をアイルランド英語のものに変えています。

開発者一覧

監修:斎藤弘子(東京外国語大学)、矢頭典枝(神田外語大学)
協力者:Mairéad Ní Chiosáin、Maggie Lieb、Eric Lynch、David McLoughlin、
新城真里奈、黒岩健人